格安に航空券を手に入れる方法

賑わう空港

格安に航空券を手に入れる方法

LCCの登場により飛行機が安く利用できるようになり、飛行機での旅行も身近となりました。
また大手の航空会社もそれに対抗してさまざまな割引サービスを提供するようになり、いっそう安価に利用しやすくなっています。

早期購入割引チケットとは


航空会社の提供する割引チケットというと、多くの人が早期購入割引を思い浮かべるかと思います。
これは「早割」や「特割」などといった名称で販売されているもので、搭乗日より早く購入することで大幅な割引を受けられるというサービスです。
最大75日前からの予約・購入がか可能で、条件によっては80パーセント以上の割引率で購入できるという費用にお得なものです。
基本的に早ければ早いほど高い割引率で購入できます。

ただし、利用にはいろいろ知っておくべき点がいくつかあります。
まず、キャンセル料が非常に高いことと予約変更はいったん予約をキャンセルして改めて一から予約し直さなければならないという点です。
また、年末年始やゴールデンウイーク、お盆などの繁忙期に販売される座席数は縮小されるので、予約するのが困難になる点もあります。
さらに人気の路線や期間は早めに手配しなければ売り切れてしまう可能性が大きい点も挙げられます。
つまり、安く購入できる代わりにいろいろと制限や条件、デメリットもそれなりに存在しているというわけです。

株主がもらえる優待チケット

では、早期購入割引以外の割引チケットはないのでしょうか。
実は、株主優待券を利用すればお得に飛行機に乗ることができるのです。
株主優待券とは会社や企業の株をある程度まとまった数所有していることで配布されるもので、航空会社でももちろん株主は貰うことができます。
航空会社の優待券を利用すれば、航空券が通常運賃の半額で購入できます。
80パーセントという早期購入割引と比較すると割引率が少ないと思うかもしれませんが、前述したような制限や条件、デメリットはありません。
予約の変更も可能ですし、割引が使えない繁忙期でも普通に利用できます。
早期購入割引では無理な搭乗当日の予約も可能です。

株主じゃなくても大丈夫

とはいえ「自分は株主じゃないから優待券なんて持っていない」という人のほうが多いでしょう。
でも大丈夫、街のチケットショップに行けば優待券は格安で販売されているはずです。
またインターネット上にたくさんの優待券を取り扱うサイトもあるので、それらをチェックするのもいいでしょう。
株主でない人が優待券を使用することには何の問題もなく、誰でも気兼ねなく使用できます。
安く飛行機に乗ることのできる時代だからこそ、こういった格安航空券を手に入れて飛行機を利用してみたいものです。

Similar Posts:

    None Found

Copyright © 2017 航空運賃の大幅な割引!株主優待券が人気 All Rights Reserved.