お得に割引チケットを手に入れよう

賑わう空港

お得に割引チケットを手に入れよう

最近はLCCなどの格安航空会社の台頭もあり、以前に比べると飛行機旅行も安くいけるようになりました。
とはいえ、まだまだクルマやバスの利用に比べると飛行機代は高いというイメージを持っている人も少なくありません。
では、できるだけ安く飛行機に乗る方法はないものでしょうか。

割引チケットでお得に

灰色の航空券
その方法として挙げられるのが、割引航空券を手に入れることです。
航空券にはいくつかの割引があるのですが、その中でもおススメなのが早期購入割引、もうひとつが株主優待券割引です。
ここでは、この2つのお得な割引について紹介しましょう。


2つの割引システム

まず早期購入割引は、ANAやJALなどの大手航空会社が行なっている割引制度で、搭乗日より早めの予約・購入によって普通運賃よりも大幅な割引価格で航空券を購入できるというものです。
中には80パーセント以上の割引を受けられるケースもあるので非常にお得です。
予約は最大で75日前から可能で搭乗までの日数にあわせて割引率が変動しますが、早ければ早いほど割引率が大きいのが基本です。
株主が持ち株に応じて航空会社から貰える株主優待券を利用して普通運賃の半額で航空券を購入できるのが、株主優待割引です。

どっちがお得?

割引率だけを見ると早期購入割引のほうがお得感がありますが、年末年始やゴールデンウイーク、お盆などの繁忙期には席数がかなり限定されるのでなかなか予約ができないこともあります。
また、人気の路線などは多くの予約が殺到するので、これもまた予約が難しいことも少なくありません。
さらにキャンセル料がかなり多く掛かりますし、予約の変更は一旦取り消して一から予約し直さなければならないなどのデメリットもあります。

株主優待券であれば、年末年始やゴールデンウイーク、お盆などの繁忙期でもお得な金額で購入できます。
急に予定が決まった場合、早期購入割引では当日の利用は不可ですが、優待券なら当日に飛行機を予約する際でも問題ありません。
それどころか、搭乗する飛行機が出発する直前まで予約を変更することもできます。
総体的に優待券のほうが早期購入割引と比較するといろいろな点においての制限が少ないので使い勝手がいいといえるでしょう。

このように2つの割引チケットにはそれぞれ特徴があるので、利用する状況に応じて使い分けることがおすすめです。
しっかりと予定が決まっていて変更がない場合なら早期購入割引が、年末年始やゴールデンウイーク、お盆の利用、急な出発や予定の変更の可能性がありそうなときなら優待券を利用するのがいいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む  

Copyright © 2017 航空運賃の大幅な割引!株主優待券が人気 All Rights Reserved.